私の脱毛体験

私は今まで、ひざ下、ひじ下、わき、VIOの脱毛を受けてきました。
部位によって異なる脱毛の痛みについて、少しお話ししたいと思います。

脱毛サロンに通い始めたのは3年前からです。それまでは専用のシェーバーで自己処理をしていました。毛が濃い目の私はどこかに出かける前は必ずお手入れするようにしていました。するとワキのしたが黒ずんできました。はじめ毛根が残っているのかなと思ったのですが、肌全体に滲んだような感じです。調べてみるとそれは黒ずみと呼ばれるもので、自分でムダ毛処理をしているとよく現れる状態のことのようでした。多分レーザーに比べて、シェーバーの刃が細胞を傷つけ、皮膚が極端に痛んでしまったようです。それ以来自分でするのが怖くなってしまいました。しかし、毛は伸びるのをやめません。そしてある日、広告でエステの施術すれば、黒ずみも除去できるということを知ったのです。何回か通えばだんだんと目立たなくなると。これを知ったときはとてもうれしく、さっそく申し込んでみることにしました。

自宅でのケアと大きく違うのは、イタさだと思います。チクチクと電気の刺激があるのですが、体の部位によって痛みの感じかたが変わるのですが、ミュゼの効果はとても優れていました。
分かりやすいように、傷みのレベルを5段階であらわします。
全体的に、我慢できないような痛みはありません。
0が全く痛みがない、5が身体を動かしてしまうほど痛い、という意味です。

▼ひざ下
痛みレベル:3-4
私の場合はひざ周りのムダ毛がとても濃いので、初回から2回目までは結構な痛みがありました。
太い輪ゴムで強めにバチバチと弾かれるような痛みです。

▼ひじ下
痛みレベル:1
私はうではそこまでムダ毛が濃くありません。
初回だけはすこしパチッとしましたが、2回目以降はほとんど痛みを感じませんでした。

▼わき
痛みレベル:0
これは普段からカミソリや毛抜きで肌を痛めつけていたせいか、まったく痛みがありませんでした。
照射されているのも分からないくらいの感覚です。

▼VIO
痛みレベル:1-4
これは場所によってかなり痛みが異なりました。
Vは皮膚が薄いせいか、少し身体をよじってしまいました。
Iも、粘膜に近づくにつれて痛みが大きくなりました、
Oはほとんど痛みを感じませんでした。

このように部位によってかなり痛みが異なり、照射されていることも全く分からないような場所もあります。
しかし全体的に我慢できないような痛みはないので、もし痛いのが怖くて躊躇している人は、思い切って脱毛にチャレンジしてみてください。
脱毛すれば毎日のお手入れがなくなり、とても楽になれます。

脱毛 おすすめ